仏飯等のお供え

ご本尊にお供えする御飯を「仏飯(ぶっぱん)」と言い、ご飯を炊いた時には、自分達が食べる前にご本尊にお供えします。

お水は、朝一番にお供えし、夕勤行の前に下げます。お供えしている時は、蓋を取り
ます。

—— 御宝前 ——

ごはん水

★仏飯台★

ozen
☆お霊前☆

御飯を仏器に盛り御宝前にお供えし、正座して題目を三唱したあと
「南無下種三宝御報恩謝徳御供養のために、南無妙法蓮華経」と観念して鈴を三打、題目を三唱してお下げします。

仏飯はお供えして、すぐに下げるのが正しい作法です。

 

《御霊供膳》

無紋の御膳(家紋などの入っていないお椀など什器)を求めます。
魚・肉・鶏・にら・らっきょう・ねぎ・にんにく等のを避けて調理します。

Copyright© 2018 仏飯等のお供え. All rights reserved.